スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


賢く保険に加入するための基礎知識

生命保険は難しくてよく分らない、とにかく入っておけば安心と、
よく理解できないまま加入している人が、多いのも現実です。。

そこで問題
毎月3万円の保険料を30歳から60歳まで掛けた時の合計保険料は?



計算中・・・・・・



そろそろいいかな?






答え

30,000  × 12か月 ×  30年  =10,800,000円  

何と 1080万円 ですよ!!。。


自分の家族の大事な保障なんだから、内容をきちんと理解し、
納得してから加入しましょう。

生命保険を検討する際に最初に考えなければならないのは、
我が家にはどんな保障が必要かということです。

どの家庭にもある程度必要なのが、死亡時の保障と病気・ケガに備える保障です。

死亡保障を考える際には、まず自分がどのライフステージにいるのかを確認しましょう。

独身時代や子供の独立後は死亡保障はあまり必要ありません。
逆に子供が生まれるたびに死亡保障のニーズは高くなります。
特に子供が誕生した直後は妻は育児に追われ、働くことができないので、
夫に万一のことがあった場合の備えが必要です。

その後住宅購入時にローンを組むと団体信用生命保険に加入して
借入額分が保証されるので、その分の保障額を下げることができます。。

このようにライフステージごとに見直すことが理想的です。。

ただ、実際は夫に何かあれば公的保証として、遺族年金が支払われます。
ですから、生活費や教育費をすべてカバーする必要はありません。

医療費についても医療保険制度の高額療養費の制度などで
保障されるので、入院日額5000円~10000円程度の加入で十分です。

ただ、自営業の方は会社員の方よりも多めに入っていたほうが安心です。




コメント

損保のことでちょっと相談が・・・

明日でもお電話ください




2008/07/07(月) 01:25 | URL | パタパタママ #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://tokaipia.blog50.fc2.com/tb.php/37-5991a86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。