スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新型インフレにご注意!

仕事柄、物の値段が気になるので、娘たちとよくスーパー戸村やキッチン・コスモスにもいきます。
最近の食料品の値上げはいやになります。怒

でも最近の物価上昇はちょっと違います。本当のインフレは物価も上昇するけど、会社も利益が上がり給料も上昇という上向きのスパイラルになるのが一般的でした。
しかし今回のインフレは物価だけ上昇して給料は上がらないという新型のインフレのようです。

小麦やバター、牛乳、ヨーグルト、パンカップめんに味噌醤油など最近値上がりしています。食料品の値上げは家計にダイレクトに影響します。
酪農は餌の値上がり、輸送コストの上昇により、全国で1000の酪農家が廃業に至っているそうです。牛乳は前年対比2.6%と不足すると予想されています。うし pkk

特に、移動手段が車しかない日南は、もちろん道路は必要なんですが、今回はガソリンの値段の方が気になるところです。ただでさえ日南のガソリンは高いのにもう1リットル170円は避けられない状況です。道路特定財源による道路も大事ですし、建設業者も潤わなければ、日南市の経済状況は良くならないとわかってはいるものの、このままでは家計破綻のほうが早いかもしれません。

また原油価格が高騰してるわけですから製造コストや輸送コストが押し上げられて、もっと多くの商品やサービスの価格に影響するでしょう。今後の物価上昇に備える必要がありそうです。

インフレはただものの値段が上昇するだけでなく、私たちの貯蓄にも大きな影響を与えます。なぜなら物価が上がるということは、お金の価値が下がるということだからです。

たとえば、現在100万円の現金を持っていたとします。この100万円で今なら自動車が変えたとしましょう。でも10年間その100万円をタンス預金してしておきました。10年後に物価が2倍に上昇したとしたら、その100万円で自動車は買えるでしょうか??zoomzoom006

         車の値段
現在 100万円--------≫  10年後  200万円

         タンス預金
現在 100万円--------≫  10年後  100万円

タンス預金は10年後も100万円 つまり 10年後にその100万円では自動車は買えなくなってしまいます。
これがインフレのリスクです。

お金を運用する際に長期的には物価上昇に負けない運用を心掛けたいものです。定期預金だけでは物価上昇率を上回ることは難しそうです。

過去のデータからは株式での運用がインフレに強いといわれてきましたが、現在の経済環境は、物価は上昇しているものの、経費が上昇しているだけで経済成長、景気拡大を伴うものではなく一概に株式投資が有効とは言えない状況です。カブ

しかし、何もしなければ貯蓄は目減りするばかりですから家計全般から無駄を省き、長期の資金計画立てることが大事なようです。


スポンサーサイト

マネー体質改善セミナー

今日のセミナー 第7回で中身も充実してきました。
当社の講師 ファイナンシャルプランナーの宮浦です。主婦の目線での誰にでも解りやすいとかなり好評です。

DSC02273_convert_20080530002131.jpg


私が、セミナーを始めたきっかけです
たまに月末の口座引き落とし日に、残高不足で引き落としできなかったという経験ってありませんか?
これって、家計の把握と管理と計画ができてないからなのです。

たとえば、今月、自動車税の支払月なので家計が苦しいとか、車検があったので苦しい!とか・・
でも、よーく考えてみてください。 毎年5月は自動車税の支払いがあることは決まっているし、新車を買えば3年後、その次は2年後に車検を受けなければならないことは、決まっています。

降って湧いたように、車検や税金が来るわけないし、家計が苦しいからと言って車検は5年後にするというわけにはいかない。準備することが大事なんです。

冷蔵庫やテレビなんかは突然壊れたりしますが、これだって50年100年もつわけがないのですから、買ったら次の買い替えの準備をすればいい。

セミナーでは 「わかりやすい」 「実践できる」 「役に立つを」モットーに、こんな物価上昇の時代だからこそ見直したい事例を中心に意外と気づいてない身近な対策、目からウロコの対策まで大公開!しています。

ぜひ!皆さん次の機会には参加してみてください。

きっと、お役にたちますよ!














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。